志望動機を作るポイント

最近は将来の安定を求める傾向が強く、そのため医療機関への就職を希望する人が多いです。
しかし、金銭的な安定を求めて就職を希望した場合、志望動機がなかなか作りにくいのが現実でしょう。そのような場合はどうすればいよいのでしょうか?

志望動機を作る際にはいくつかのポイントがあるので、それを意識することで比較的作りやすくなります。
まずは、患者さんへの貢献を第一に考えていることを挙げましょう。医療機関はあくまでも患者のために存在しているので、患者のために働きたいという旨の内容にすることが望ましいです。また、責任感が強く求められる仕事のため、その点にも触れておくのが良いと考えられます。

2つ目に、なぜ自分が医療業界で働きたいと思ったのかをアピールしましょう。
単に、「病院で患者さんを助けたいと思った」では説得力がありません。なぜ患者さんを助けたいと思ったのか、というエピソードがあることは重要なことなのです。
例えば、「以前病院でお世話になり、自分もまた患者さんの役に立ちたいと思ったから」といった、実際の経験に基づいた動機には説得力があります。面接官にもきっと伝わることでしょう。

この2つの点を意識するだけでも、かなり良い志望動機が作れるはずです。

しかし、絶対に注意しておかなければならないことがあります。それは、ウソをついてはならないことです。就職を成功させたいがために、大げさなウソを作ったりすると必ずバレてしまいます。
多少の誇張は表現の問題であるため仕方がないと取られる面もありますが、嘘をつくのは絶対に避けるべきです。志望動機を作る際は、自分の経験に基づいた真実である必要があります。
その他のポイントはこちらを参考に→【http://iryo-shibodoki.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です