千差万別な志望動機

医療現場での仕事はとても大変なものです。そのためか、ほとんどの面接時に志望動機が聞かれます。より強い動機を持っている人ほど、採用後にもしっかりと働いてくれる可能性が高まるため、採用される可能性が高くなるのです。

病院側は、志望動機を適当に聞いている訳ではありません。真剣に耳を傾けています。場合によっては、志望動機のクオリティによって、合否を判断することもあるぐらい重要なのです。
ですから、就職を希望する身としても、この点はしっかりと詰めておく必要があります。

代表的な志望動機の例としては、人の役に立ちたいというものが挙げられます。ほとんどの仕事は社会の役に立つものですが、それを実感できる職場というのはそう多いものではありません。職場で人と接することが少ないケースも多いのです。
医療関係であれば、患者さんと直接向き合うことのできる仕事のため、やりがいを強く感じることができます。そこに魅力を感じる人も多いです。給料がいいという点ももちろんメリットではありますが、面接時にはこちらからお金の話をすることはあまりありません。給料や待遇以外の点を動機に挙げるのが好ましいの思われます。

中には、自分が入院をしていた経験が志望した動機の人もいるでしょう。家族が病院や施設で働いているのを見て、自分も目指すことを決めたという人もいます。中には、特定の病気にかかっている人を救いたい、という積極的な理由を語る人もいます。
そして、実は医療系ドラマや漫画の影響を受けて、というパターンが結構多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です