客観的な視点で志望動機を書こう

医療業界の中でも、特に看護師の人手不足が深刻です。他の職業に比べれば入りやすいのではないかと考える人も多いでしょう。しかし、人の命を預かる職業だということもあり、しっかり信用できる人でないとなかなか採用されないことがあります。そのため、志望動機は採用する上で重要なポイントとなるのです。

よくある勘違いとして、動機として志望する病院の魅力について述べているということがよくあります。志望動機には、自身が感じた点ではなく、病院側にとって採用するメリットとなることを書かなければなりません。例えば、この病院に入って、自分が貢献できることは何かということです。自分はどんな人間で、なぜこの業種、病院を選んだのか、と読み手の関心を引くような内容を心がけましょう。

具体的には、自分の長所やスキルなどを述べ、どういったことに貢献できるのかという内容につなげるようにしましょう。また、受け身の姿勢を動機に含ませないように注意しましょう。

研修や教育体制が整っていることを特筆した内容を書く人は、案外と多いのではないでしょうか。確かに自信を向上させるという点では魅力的ですが、社会人として働き、お金をいただくということを考えると、やはり病院に貢献しなければならないのです。

このように、採用されにくい動機としては、自分を主体とした内容であることが多いのが分かります。客観的な視点から内容を考えるように心掛けましょう。
動機を書く上で重要なことは、内容だけではありません。必ず誤字脱字がないかをしっかりと確認するようにしてください。このような細かい部分が、実は採用を決めるうえで重要な条件となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です