給与水準は志望動機にしない

看護学校を卒業して看護師となったあと、資格を活用できる業界として医療と介護があります。

医療業界を選ぶ看護師が多いのには理由があります。医療業界を目指す動機として最も多いのは、給与水準の高さが掲げられます。しかし、それを面接で堂々と伝えるわけにもいかないので、面接のためだけに理由を考える人も多いです。
その際に、よくキャリアアップの可能性を主張することがあります。看護師は身に付けたスキル次第で専門性を発揮していくことができるため、志望動機としてその病院学べることを挙げる人が多いのです。しかし、キャリアアップを行った後に、転職を考えている場合もあります。

一方で、医療業界の中でも、病院やクリニックを選択することができます。勤務条件の違いにより、注目されるでしょう。
一般的には、クリニックの方は勤務条件が厳しくないので、ワークライフバランスを考えて働くことができます。やや給与水準が下がりますが、それでもクリニックを選ぶ人は大勢います。

その他、培ってきた経験によって勤務先を選ぶことも少なくありません。病院を志望する理由として、実習で得た経験を活かすことのできる診療科を見つけたから、という場合はよくあります。
また、子供の頃の実体験として、クリニックで看護師に助けられた記憶があって看護師を目指してきたという人は、クリニックを希望する傾向もあるのです。

志望動機として何に重きを置くかは人によって異なりますが、給与などの現実的な面を考慮されると共に、過去の経験が大きな影響を与えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です