責任感をアピールしよう

病院やクリニックなどの医療機関で看護師として働くためには、採用試験をクリアする必要があります。そこでほとんど問われるのが、なぜ看護師として働きたいのかという志望動機です。

履歴書や、あるいは面接でも、看護の仕事を選んだ動機は問われます。この問いに対して、自分の気持ちを正直に答えるのは大切なことです。一方で、答え方を誤ると、就職では圧倒的に不利になります。

採用につなげるための役に立つポイントとしては、医療の仕事に対する責任感をアピールする点にあります。
看護師は人の命を預かる仕事であるため、強い責任感がなければ務まりません。無責任な人物が現場にいると、医療ミスによる重大なトラブルを引き起こす可能性があるため、採用担当者はできるだけそのような人物の採用は避けることを考えています。

しかしながら、責任感を言葉でアピールするというのは簡単なものではありません。そこで、責任感を持った人材であると志望動機で上手に示すための方法として、過去のエピソードを挙げる手段が効果的です。

直面した具体的な出来事について挙げ、その時にどのように考えて行動を起こし、自身の責任を果たしたかを話すことで、採用担当者は興味を持ちます。上手く志望動機とつなげることができれば好感触間違い無しでしょう。

履歴書の作成や面接対策の準備を行う際には、まず自己分析することが大切です。過去に経験した様々な出来事を振り返り、どのような場面で責任感を発揮したのかを思い出してみると、看護師の就職に役立つ効果的なエピソードが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です